PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雪国

 雪 国

3J0A1328.jpg

ここ奥伊吹は雪国となった。
いつも合うおじさんは一人住まい
軒先の雪をどけていた。
1.5m以上の雪を近くの側溝に流す、大変だ。

3J0A1284.jpg

甲津原は奥琵琶スキー場の近く、
かつては、スキーをする人を対象にした民宿でにぎわっていた。
今は、マイカー、日帰りのスキーヤーばかりで、民宿は廃業状態だ。

3J0A1274.jpg


3J0A1296.jpg


 
3J0A1363.jpg 

久しぶりにカメラを持った。
写真を撮りながら、歩き回るのは、体力づくりにもなる。
明日は、大龍寺のだるま供養に出かけるつもりです。

 
スポンサーサイト
[ 2018/01/13 19:23 ] 風景 | TB(0) | CM(1)

湖北

IMG_5093a.jpg

湖北の夕景

厚い雲の沖は
高層雲が広がり、
茜色に染まる。

やがて、その部分が広くなり、
寝床に帰る野鳥が群れ飛ぶ。

今時の湖北の風景
見ていても、飽きることはない
見慣れた風景・・・

 
IMG_4999a.jpg

揖斐川町春日で伝わる鎌倉踊りも
昨日の寺本の踊りで
今年は終わり・・・

限界集落でもあり、
伝統を守り続けることは大変な苦労が伴う。

遠く姫路からの来訪者を始め
多くのカメラマンが集まった。
昨年撮った写真を村人に渡しながら、
コミュニケーションを図る。

個人的には、写真の素材としてだけではなく、
それが楽しみでもある。

ぼちぼちのブログになってしまったが、
次回はこの祭りを掲載したい。



[ 2017/11/05 09:36 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

長良川暮色

IMG_0001_2017102620001515f.jpg
 
長良川暮色

IMG_0001_20171026195524d65.jpg
久しぶりの良い天気だった。
長良川堰堤を通ると、夕陽が綺麗だった。
暫らく、夕景を撮る。

台風一過
増水し、川相が変わり、落ち鮎が動き始めた。
網漁やガリ漁で落ち鮎を狙う人も多い。
今週末は、また、台風が来るとか・・・少し異常かな。

[ 2017/10/26 20:17 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

秋は夕暮れ

IMG_9707.jpg 
秋は夕暮れ

秋は夕暮れ
夕日のさして 山の端
いと近うなりたるに
からすの寝どころへ行くとて
三つ四つ 二つ三つなど
飛び急ぐさへあはれなり・・・


秋は夕暮れがきれいだ。
陽が落ちてからの30分が特に良い。
カラスではないけれど、
落ち鮎を狙うサギが浅瀬に群れる。
少し長めのレンズで、
サギの形を意識しながら・・・

風景写真はあまり撮らないけれど
心が安らぐ。

それにしても、人工物〇は難しいね。

[ 2017/10/10 19:59 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

秋空に彼岸花

IMG_0001_1_20170926101156cd2.jpg

秋空と彼岸花

秋空に彼岸花、清々しい秋重なりの日々が続く。
津屋川堤の彼岸花
ただ今、見頃です。

 
IMG_0001_2017092610120440f.jpg


IMG_8106a.jpg 

地元の人が、投網漁を行っていた。
鯉や鮒を見つけては、投網を打つ。
カメラを構えて、投網を打ったのは1回のみ
この日は澄んでいて、獲物が船音で逃げるようで、条件的に難しいようだ。
投網写真が1回でも撮れたことはラッキーだった。

遠くから来たカメラマンが、おじさ~ん、投網打ってくださ~いと叫んでいるが、
観光用ではないので、当然、獲物がいなければ、無理ですね。

そんなことで、秋空に彼岸花、そして、投網漁と重なって、楽しい1日でした。

雑感
衆議院の解散がきまり、なにやら、騒がしくなってきた。
若い時は、世の有り様を議論したものだが、
今は、どちらかと言えば、リベラルな無党派層かな。

今は懐かしい全共闘時代から見れば、
ネットで、ダティー言葉で、ののしり合ったり、
フェイクニュースを拡散させたりと表面的な情報で
政治が左右される傾向に危惧を感じる。
それでも、これからの若者が、
平和で、ぜいたくではないけれど、
それなりの生活が送ることのできる時代が続くことを望みたい。

[ 2017/09/26 10:57 ] 風景 | TB(0) | CM(0)















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。