PageTop

ホタルの光跡

ホタルの写真

ホタル写真に挑戦ですが・・・ム~ン、難しいですね。
上手くいきませんでした。
風がなく、ホタルはいっぱいいました。
IMG_0001_17_20120531214618.jpg
場所は矢道川といいます。自宅から1kmほどの小さな川です。
橋の上から北に向かって撮っています。
難しいのは車の光、実は、カメラを構えているのは地元の幹線道路、ひっきりなしに車が通ります。
その合間を10秒から40秒間露出させています。ISOは250・・・
暗いところに強い7Dは、露出時間が長いと、露出過多になってしまいます。
露出時間を変えて撮っていますが、よくわかりません。

ホタルが飛びかうとか、乱舞といいますが、
ホタルは草に止まって、なかなか飛ばないものです。
一応、何枚かの光跡写真を・・・
IMG_0001_19_20120531214617.jpg

IMG_0001_13_20120531214619.jpg

IMG_0001_12_20120531214620.jpg

IMG_0001_10_20120531214621.jpg

ちょっとつまらない写真になってしまいました。
美しい里山のホタル写真を見ることがありますが・・・
どのようにして撮るのでしょうかね。
難しいです・・・例年になくホタルの数はすごいのですが…。
スポンサーサイト
[ 2012/05/31 21:47 ] 風景 | TB(0) | CM(6)

国宝 犬山城

カメラの修理ができましたとの連絡がありました。
メイン基盤を交換したので、
理論上は新品同様になったはずです。

犬山でも行くかと誘うと
秘書さんは行こ!行こ!と乗り気です。

そんなことで、修理済のカメラを持って、そのまま犬山へ行きました。
自宅から1時間ちょっとの近場です。

IMG_0001_14_20120530200820.jpg
お城の中はピカピカに磨かれています。
天守閣の城窓から、柔らかな陽が差し込み、その模様を座り込んで撮っています。
足元を撮らせていただきました。

犬山城
国宝指定四城の一つで、木曽川の南岸にそそりたつのが犬山城です。
犬山城は1537年、織田信長の叔父である織田信康によって創建されました。
現存する日本最古の木造天守閣です。

江戸時代に入ると、尾張藩付家老の成瀬正成が城主となり、幕末まで続きましたが、
明治維新による廃藩置県のため、この城は愛知県所有となりました。
しかし、明治24年の濃尾地震で半壊し、その修復を条件に城は再び成瀬家の所有となり、
平成16年に財団法人に移管するまで日本で唯一、個人所有の城でした。

犬山城は北方に木曽川が流れており、
入場は南方からになります。南方から天守閣が見えづらい構造になっていますが、
城門をくぐり、天守閣が見えた瞬間、犬山城のオーラを体感します。
                   (犬山観光情報より)

IMG_0001_7_20120530201209.jpg
城下には趣のあるお店がならびます。
歩いていたら、地元、FM放送のインタビューを受けました。
新しくできた昭和横丁の豆腐田楽は最高と紹介していただきました。
もちろん、行きました。
美味い!美味い!星三つです。

IMG_0001_16_20120530200821.jpg
天守閣を見上げると
多くの方が外を眺めています。
今でいうベランダがあり、
外に出ることができる珍しいお城です。
高所恐怖症の方には、ちょっと・・かな。

IMG_0001_9_20120530200819.jpg
鵜飼といえば、岐阜市ですが、
ここ犬山でも鵜飼が行われます。
情緒ある鵜飼です。

今日はちょっと寒く、
おまけに、風もあり・・・
ホタルは少なかったですね。
[ 2012/05/30 20:24 ] 風景 | TB(0) | CM(4)

周辺の花

蛍が乱舞する時期です。
先ほど、夜の散歩から帰りました。
町内の水路には20匹(頭)ほど
近くの矢道川には数百匹(頭)のホタルが乱舞していました。
いいものですね。
多くの方が夜に散歩を楽しんで見えます。

ただ、個人的に残念なのは、
いまだカメラが戻らないこと・・・
本格的なホタル写真は撮ったことがないので、今年は・・と思っていますが・・・

そんなことで、コンデジで周辺の花を撮りました。
IMG_0001_1_20120528200655.jpg
ネギ坊主の親玉のような花・・名前は忘れました。

紫色のてっせんです。
IMG_0001_20120528200655.jpg

白いてっせんです。小さい花は自然生えのぺチュニアです。
IMG_0001_7_20120528200654.jpg

菜園のジャガイモの花
仲間が作っているジャガイモです。
IMG_0001_15_20120528202105.jpg

庭のシラン…そろそろ終わりが近づいています。
IMG_0001_16_20120528202250.jpg

全く関係のない話・・・
ドラゴンズ、調子がいいですね。
蛍が舞い、ドラゴンが舞い、
気分も爽快…ドラキチなんです。
[ 2012/05/28 22:00 ] | TB(0) | CM(11)

久しぶりに家庭菜園

玉ねぎとニンニクの収穫です

今日から暫く雨のない日が続きそうです。
この土日は、何をしようか…。
考えた挙句、久しぶりに菜園のお仕事・・・
そうです・・・玉ねぎとニンニクの収穫時期なんですね。

前にも書きましたが、菜園と言っても、10畳の広さでたいしたことはないんです。
それでも、15畳ぐらいあるかなぁ・・・とにかくたいしたことはないですね。

そこに、九条ネギ、下仁田ネギ、レタス、トマト、ナス、ピーマン、ニンニク、玉ねぎを少しずつ・・
そして、今は、なんとメロンに挑戦…。
その中で、玉ねぎとニンニクが収穫時期を迎えました。

聞いたところによると、玉ねぎは晴天時に収穫して、2~3日、そのままにしておくとか…。
今朝は、ちょっと早起きし、玉ねぎとニンニクの収穫です。
IMG_0001_3_20120526143747.jpg
やがて、一緒に楽しんでいる仲間の方が現れ、
「すごく大きいね」なんて、誉められて、
そうかなぁなんてまんざらでもない気分になってしまいました。

ニンニクは、途中、葉に赤さび病が付いたようで、
葉は切ってゴミ袋に入れて処分します。低農薬だから仕方がないんです。
IMG_0001_2_20120526143748.jpg
こんなのが8束も採れました。
得意の料理にどんどん使いますよ・・収穫していてもニンニクのにおいがプンプンです。

IMG_0001_4_20120526143746.jpg
人参も順調…
自慢ではありませんが、人参はすごく甘いんです。
メロン級です。ちょっとオーバーかな。
牡蠣がらの粉末ををたっぷり入れているからでしょうか。
IMG_0001_6_20120526143744.jpg
レタスは毎朝収穫して、定番の朝食に・・・
ちなみに、メニューは、トースト、コーヒー、ハム、トマトジュース、
ヨーグルト(きなこ、えごま油を入れて)、それにレタスをたっぷり…健康食ですね。

これはダメもとのメロンです。
昨年、食べた高級メロンの種から育てた苗です。
IMG_0001_5_20120526143745.jpg
上手くできるでしょうか。ここまでは順調ですが・・・。

カメラ、リハビリから戻ってきてほしいですね。
ちなみに、野菜写真は、全て、コンデジです。


[ 2012/05/26 15:06 ] 園芸 | TB(0) | CM(6)

ようやく・・・

ようやく・・

ようやく、カメラのメンテナンス、OKが出ました。
OKと言っても、メンテナンスをしてもよいという保険会社からのOKです。
実は、ちょっとしたミスで、カメラの調子が悪くなり、
点検してもらったところ、メイン基盤ユニットの交換が必要とか・・・
その費用3万円ちょっと・・・
保険の適用内のミスだったので、手続きをしたところ、液晶部分の故障は対象外とか…。
おぉ~、これは大変・・
まず、カメラ屋さんで修理の詳細を聞く・・液晶部分は見かけの現象で基盤そのものがダメージを受けている、
うまく作動しない可能性もありとか・・・
それを聞いて、ある保険会社の支店に突撃・・・
すると、私どもで判断するのではなくと言う話・・埒があかないですね・・
そこで、携帯電話番号を教え、責任者の方に電話を入れてもらうように依頼しました。
数時間後、電話がかかり、メイン基盤そのものが損傷したんですよと話をしても、
約款では液晶部分がどうのこうの・・カメラのことはよくわからないので・・・
おいおい、だいじょうぶか・・・
おまけに、今日は鑑定人が休みなので、返事ができないとか・・・
おやおや、お宝なんでも鑑定団かよ・・・
(会社にとればそうかもね・・数千円の保険代で10倍以上の支払いが必要なんですから・・・
それでも、僕にとったら、だから保険なんだよと言うこと)
そこでへこたれては・・交渉事大好き人間ですから・・・
ダメダメ、すぐに修理して使いたい、今日中に、上司と相談して返事下さい。
ちなみに、車も家も家財もすべておたくの保険に入ってんですよ
しっかり、たのみますよ・・とひとこと付け加え

そんなこったで、夕刻、ようやくOKの返事がきました。
そろそろ、メイン基盤交換が済みそうかな…。
・・保険会社にお勤めの皆さん、気分を害ないでくださいね。こちらも必死なんですから…

そこで、少し前の写真・・・美濃国分寺の柴燈護摩供養です。
IMG_0001_16_20120524092307.jpg

IMG_0001_17_20120524092306.jpg

IMG_0001_18_20120524092305.jpg

IMG_0001_20_20120524092304.jpg

柴燈護摩供養・・・
山伏修験の行者が、薪を組みあげ、柴を焚いて、祈りを捧げる護摩法です。
この柴燈大護摩供の作法は、弘法大師の孫弟子の聖宝理源大師が始めた醍醐派独自のものだそうです。

[ 2012/05/24 09:29 ] | TB(0) | CM(8)















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村