PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

里の秋

里の秋

昨日は秋晴れでした。

陽は出ていても、風は涼しく、朝夕は寒ささえ感じるこの頃です。
つい最近までは、真夏日、真夏日と騒いでいましたが・・・

久しぶりに、旧春日村に山の空気を吸いに行ってきました

IMG_0006_201309272225146b4.jpg 

貝原棚田では、稲刈りも終わり、苅田には「はざかけ」が作られてます。
IMG_0012.jpg  
段々田 はざにかけたる 稲穂かな
天日をうけて 美味さ数段 

「はざかけ」ですね。
どこか懐かしいこの風景・・今はほとんど見かけませんね。
IMG_0002_20130927223915616.jpg 

毎年、恵那市の知り合いが、天日干しで仕上げたお米を送ってくれますが、
その美味しいこと、あまみも増して…
自分の家で食べるのは、天日干しにしているとか・・

IMG_0003_201309272242072bc.jpg
アキアカネ 飛んで止まって また飛んで
秋風うけて 羽をひらひら

無数のアキアカネが、羽を煌かせて・・・
農作業のの足跡に残る水たまりに、尻尾を付けて、卵を産みつけたり・・・
かれた向日葵の茎に止まったり・・・

いろいろありまして、ブログ更新も滞りがち・・・
皆さんのブログ訪問も・・・暫し時間をくださいませ・・・
スポンサーサイト
[ 2013/09/27 22:44 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

津屋川堤

津屋川堤・・・

天候に恵まれた休日(雨が降らない休日は久しぶりです)
津屋川堤の彼岸花が気になり、行ってきました。
ネットを見ていたら、ちょうど見頃と言うことでしたが・・

IMG_0001_14_201309220813054a5.jpg 
野分痕 残る堤に 彼岸花
濁りし川に 静かに映える

背後に養老山系、青い空に白い雲、シチュエーションは良いんですが…
台風のつめ跡が残り、堤下半分は、泥をかぶり、真っ白でした。
それでも、新しく茎を伸ばし、白い泥の上に、真紅の彼岸花が、顔を見せていました。
この花、確かに生命力は強い!

IMG_0001_15_20130922080941240.jpg

ここ津屋川堤の彼岸花は、当地では有名です。
昨日も、写真を撮ったり、スケッチをしたりと、多くの方でにぎわいました。

まだまだ蕾はあり、暫くは楽しめそうです。


[ 2013/09/22 08:37 ] | TB(0) | CM(2)

ただ今・・台風に襲われてます

ただ今・・台風に襲われてます
IMG_0001_9_20130916084219f23.jpg 
台風18号、午前8時前、豊橋に上陸したようです。
この辺りも、雨風強く…菜園辺りも見えません。

関東地方はこの後直撃の可能性もあり、皆さん、気を付けてください!!
思いのほか、強い台風です。
日本に近づいて、5Hpほど、発達してますね。
猛暑、突風、異常な気象現象が続いてます… (0_0)

せっかくの休みなのに…動き出すのは、午後からですね。

午後6時半・・・
台風一過 暑い溜まりを 持って去り
澄みし秋の 誰そ彼(たそがれ)時

台風が去って…空気が澄んで、冷んやんこしています…
 
今夜はよく寝れそうです。

いろいろありまして、皆さんのブログ、ご訪問遅れがちです・・(T_T)
[ 2013/09/16 08:49 ] 日常 | TB(0) | CM(6)

曼珠沙華・・・

曼珠沙華・・

彼岸花が畦道にちらほらと咲くころになりました。

畦道に咲けば彼岸花・・
古刹に咲けば曼珠沙華・・
お墓に咲けば死人花(しびとばな)・・
善人には天上花・・
悪人には地獄花・・

金生山明星輪寺の石仏群、そこに咲く曼珠沙華です。
見頃はこれから数日後・・・一雨降れば一気ですね・・
IMG_0001_1_20130914140933e0d.jpg 
曼珠沙華 この世の恨み 晴らしましょうか 
いえいえわたしは 石仏 必殺事は致しませぬ
この世の望み かなえます・・

誰もいない古刹に石仏、そして、曼珠沙華…
どういうわけか、大好きな必殺シリーズを思い出します…
中村主水から渡辺小五郎へ…新シリーズが待ち遠しいです…

IMG_0001_3_20130914140941f30.jpg 

IMG_0001_2013091414092910c.jpg
 

IMG_0001_4_2013091414094366f.jpg 

IMG_0001_5_20130914141012883.jpg

午前中のサークルを忘れていて、
明星輪寺で曼珠沙華を撮っていたら、
仲間のMさんから電話・・・オットットッ、忘れてました
急いで撮影を終わり、仲間と合流…いつものように迷惑をかけてます・・

さて、明星輪寺の曼珠沙華ですが、つぼみが多く、開花したものはちらほらと言う感じです。
月末には、彼岸花を愛でる会がありそうです‥楽しみですが、カメラマンで一杯でしょうね。

GONSHAN. GONSHAN.  どこへ行く
赤いお墓の 曼珠沙華
今日も手折りに きたわいな

GONSHAN. GONSHAN.  何本か
地には七本 血のように

ちょうどあの児の 歳の数

GONSHAN. GONSHAN.  気をつけな
一つ摘んでも 日は真昼

GONSHAN. GONSHAN.  なし泣くろ
いつまで取っても 曼珠沙華
曼珠沙華

恐や赤しや まだ七つ
古刹には、多くの人は似合わない・・
草に覆われた石仏と曼珠沙華が人知れず咲いてさえいれば…

[ 2013/09/14 14:48 ] | TB(0) | CM(2)

美味なるもの? フナ寿司

美味なるもの? フナ寿司

美味? 嗜好の範疇でしょうか‥個人的には微妙です。
アルコールを嗜む秘書は大好物らしい・・
IMG_0001_7_20130910091139216.jpg

フナを用いた熟れ鮨(鮓)であり、滋賀県の名産である。飯と塩で作られるが、飯に漬けた後に酒粕に漬け直すこともある。その場合は、発酵臭が抑えられる。独特の香りがあり、魚肉のタンパク質がうまみ成分であるアミノ酸に分解されたものである。主に琵琶湖種である二ゴロフナが使用される。オスもメスともに使われるが、子持ちのメスのものは比較的高価である

手間と時間のかかる製法であることや、材料として最も適する種類のフナである二ゴロフナについて、湖岸のヨシ原減少や水質の悪化、湖岸のコンクリート護岸化にともなう産卵床破壊、ブラックバスやブルーギルなどの産地に侵入した外来魚による捕食など、様々な要因の影響が重なり、漁獲高が近年減少しているため、価格が1尾数千円と高騰している。このため、ゲンゴロウブナやギンブナを代用したものも作られている。 (ウィキペディアより)

黒壁辺りでは、5000円ほどしていたのが、ここは非常に安い・・
お店の人に聞くと、生産者は漁師さんだとか、それと、フナの種類によって、値段が違ってくるそうです。
[ 2013/09/10 09:41 ] 日常 | TB(0) | CM(4)















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。