PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

身近な自然の風景

 身近な自然の風景 
  
近なところに目を向けると、
 いろいろな風景が見えてきます。
今週は、何かとあって、出かけることもできず、
コンパクトカメラを持って、ウォーク&ジョッグです。
そんでもね、ゆったり、のろりと走ると、いろいろな景色が見えて、楽しいですね。

IMG_0001_16_20140126214545274.jpg
近くの丘に、虹がかかっていました。
IMG_0001_17_201401262145461fd.jpg 
その虹に向かって、走っています。
IMG_0001_18_2014012621454965f.jpg 
走っても走っても虹には追い付かず・・・すでに、虹の中にいるはずなんだけど・・・(笑)

やがて、虹は消えて、雲の間から、日が射し…
IMG_0001_5_20140127192135a63.jpg 
竹林の先っぽが、きらりと輝き…5つ星とは言えませんが…それなりに綺麗で・・・

日常を気にかけ、自然の移ろいや人の営みを、写真と文で、徒然なるまま綴る。
このブログのスタートは、そんなコンセプトで始めたんだと、少し前を想い起し・・・



スポンサーサイト
[ 2014/01/28 09:37 ] 風景 | TB(0) | CM(8)

揖斐川町春日(旧春日村)へ

揖斐川町春日(旧春日村)へ

午後から旧春日村に出かけました。
目的は旧春日村川合の太鼓踊りを撮るため・・

この前、あるパーティに出席したときの
春日小の校長先生から、情報を得て・・・
春日小は、全校36名の小規模な山の学校・・

その里山で繰り広げられる太鼓踊りです。
IMG_0001_20140123193813892.jpg 
集会場に着くと、地域の皆さんがお祭りの準備をしてみえました。
この時期、めずらしく雪もなく良い天気で、20名ほどのカメラマンが集まっていました。
先ずは、地域の代表らしい方に「写真を撮らせていただきますのでよろしく・・」とごあいさつ、
「どうぞ、どうぞ」と、部屋の中での撮影を許可していただきました。

やはり、一声かけることは、写真を嗜む者のマナーかな。
最近、ようやく、それがわかってきました。

さて、そこから近くの愛宕神社に移動・・・そこで太鼓踊りが行われます。
IMG_0001_1_20140123193816836.jpg 
雲一つない天候で、踊りの影が綺麗だったので、そんなところもバッシャと・・

さて、踊りのあとには・・
その頃には、給食を食べた春日小の子どもたち、校長先生をはじめ全先生方が、会場に到着・・
餅まきがあるとかで、子どもたちは、ビニール袋を持参です。
昼からの授業は地域行事に参加すること・・
町の学校ではない良さがありますね。
しばし、知り合いの校長先生と歓談、
残りの教員生活はここで終えたい、良い所ですと言ってみえました。
嬉々とした子どもたちを見ていれば、わかります。

さて、私めは、ここから、100m上の小高い丘に登ります。
そこには愛宕神社の祠があり、最初の餅まきは、そこから、撒くと言う・・・
フェンスもなく、落ちれば、100m下まで、高所恐怖症にとっては怖い!怖い!
IMG_0001_3_20140123193822a93.jpg
上にある祠から見た太鼓踊り↑  餅まきを待つ村人&小学生↓
IMG_0001_4_20140123193825845.jpg
餅まきは大好きなんですが、上から見たのは初めてです。
でも、こんな高い所から、なんて、ちょっと興味もありまして・・・
長老と雑談をしながら、餅まきの合図を待ちます。
OKが出て、餅まき開始なんですが、遠くまで投げるのが大変なようで・・・
それも、一つ一つのお餅が散らばってしまい、
どっさっといくつかが固まって落ちるようでもなく、
中には手前の崖に挟まって・・結構面白い。

ここで写真を撮っているのは、私め一人でした・・
最後は、長老が、神社の添えてある少し大きなお餅を2つも下さいました。
どこまでもやさしい村人でした。
皆さん、ありがとうございました。

そうそう、先日撮った春日寺本の太鼓踊りと子どもたちの写真を
校長先生から該当する小学生に渡してもらいました。

いい交流ができました‥!(^^)!





   
[ 2014/01/23 20:29 ] | TB(0) | CM(4)

あかねさす紫がほのかに残る夕暮れ刻

あかねさす紫がほのかに残る夕暮れ刻

IMG_0001_19_20140118093113345.jpg 
一昨日辺りは、満月に近く・・

池田山山麓を走っていると
金華山の上に丸い月が出ていました。
太陽は沈み
あかねさす紫がほのかに残る夕暮れ刻です。

寒い日が続きますが、
このあたりは、
晴れることが多く、厳しい冬と言われる割には、まずまずかな。
東北の日本海側や北海道は雪が多く、高齢化が進んで、除雪も大変とか・・・
あと一カ月もすれば、梅の便りも…
春近しとはまだまだ言えませんが、
それぞれの楽しみを見つけてがんばりましょう。


[ 2014/01/18 09:50 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

柴燈護摩供養

柴燈護摩供養

昨晩は明星輪寺の初こくぞうでした。
ふだんは、お寺の駐車場に止めることができるんですが、
この日は乗り入れ禁止なんで、
下から赤坂山頂上にある明星輪寺まで登ることになります(;゚∇゚)/

参道の両脇には出店が並び、ふだんは真っ暗な夜道も懐中電灯は必要ないんですがね・・
いつもの壁のような坂が数100m続きますから、苦しい死にそ~~!!

それを癒してくれるのが、赤坂山中腹から見る濃尾平野の夜景です。
IMG_0001_24_2014011317212495d.jpg 
無理して撮ってますんでね、粗いみにくい画像ですが、
実景は澄んだ冬の夜景なんで、しばし、みとれる美しさです!(^^)!

子どもたちは足取り軽く元気に山頂に・・・
お年寄りは、子や孫に後ろから支えられながら、ぜぇぜぇ、ひぃひぃと・・・
それでも、後ろからドンドン人が上がってくるんで、
参道にとどまることもできず…またまた死にそ~~死にそ~~とつぶやきながら・・

ようやく着いた明星輪寺では、柴燈護摩供養が行われていました。
IMG_0001_23_20140113172122594.jpg 

IMG_0001_20_20140113172116fcf.jpg 

IMG_0001_21_201401131721184bb.jpg 

すでに、会場周囲は多くの参拝者とカメラマンでいっぱいです。
つま先立して、手を伸ばして、前の参拝者の頭越しにカメラを向け、何枚かヤマ勘撮り・・・
スローシャッターで、ピントも合わず、まあ、仕方がないか、こんなこともあるとあきらめました。

帰りは、坂を下るのみ、スピードの出し過ぎに注意して・・・
朝と昼は山の講で、村人について廻り、
夜は山登り、久しぶりに心地よい疲れでした ((^0^))

柴燈護摩供(だいさいとう ごまく)とは、野外で行う大規模な護摩法要のこと
伝統的な真言宗系当山派の柴燈護摩にの字が当てられているのは、山中修行で正式な密具の荘厳もままならず、柴や薪で檀を築いたことによる
[ 2014/01/13 18:46 ] | TB(0) | CM(2)

青墓町に伝わる山の講祭り

青墓町に伝わる山の講祭り

今日は忙しい一日です・・
午前中は青墓町の山の講祭り・・
午後は円興寺地区の山の講祭り・・
そして、これから夜は明星輪寺の初こくぞう・・
すべて、近場・・・歩いてでも行けます。

先ずは、午前中の青墓町の山の講祭りのさわりを!(^^)!
市のHPからの抜粋

江戸時代に山の境界紛争から隣村との境界に「山の神」を祭り、神のご加護を祈ったことが始まりとされています。以来、「山の神」への信仰として継承されており、ご神体を担いだ男衆が各家庭を訪問し、家内安全・商売繁盛などを祈願します。

白髭神社についたのが、9時過ぎ、出遅れました (T0T)
すでに町内周りが始まっています。
IMG_0001_12_201401121646403df.jpg 
このお祭りは、奇祭中の奇祭・・・カメラマンは大垣市の広報の方と僕だけ・・・
いつもは記者さんもいるんだけど、広報の方に聞くと、出初式の方の取材らしい・・
市の広報から、各新聞社に写真を渡し、明日の朝刊に載せていただくという塩梅です。
何故、カメラマンが少ないのかって・・・それは、里山にひっそりと続くお祭りだから、それと・・・です。
つまり、ご神体は↓ ですから…それなりに真面目な素朴なお祭なんですけどね。
女性はいませんね。
IMG_0001_14_20140112165617139.jpg 
そんなことで、全く自由に、地元の方とも和やかに、楽しいひと時を過ごしました。

さて、町内周りですが、お店屋さん、新婚さん、新築の家は勿論、申し込みのあった家を訪問し、
 「山の神のまつりじゃ~、いちりにりと・・・・さんりの山に飛び込んで、いばらにかかってつるべのこ」と、唱えて、ご神体を大きく回します。
女性がご神体に触れると、子宝に恵まれ、商売も繁盛するということで・・
嬉し恥かしと言ったところでしょうか。

そんなところが明日の朝刊に載るはずです。
広報の方と同じ写真を撮っているので、
明日の朝刊に載る前に、ブログに載せます。

IMG_0001_19_201401121731057cd.jpg 
 こんな感じで家やお店を訪問し、ご神体を振り回します。

IMG_0001_15_201401121736452bc.jpg

IMG_0001_9_20140112170834b5c.jpg 
ここは人気店です。

古老のお話を聞きながら、撮ってましたが、
昔は、この日は無礼講で、特に女性にとっては受難?の日、
追い回されないように、いろいろなところに逃げ込み、通りには女性一人いなかったとか・・
それでも、家の中まで押し入ったり、停車中のバスの中まで、追い回したとか・・
今なら、犯罪だわねと懐かしく語っていただきました。

さて、これから、明星輪寺に出かけます。








[ 2014/01/12 17:46 ] | TB(0) | CM(-)















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。