PageTop

強風に舞う

台風の影響で強風が吹いています。

庭の隅にツユクサが咲いています。
母が好きだったツユクサです。
素敵な母でした。
IMG_0001_15_20110829191720.jpg
今日は母の命日でした。
お墓参りをしました。

吾亦紅ですね。
 ・・・・
 仕事に名を借りた ご無沙汰
 あなたに あなたに 謝りたくて
 ・・・・
みんな元気でやってるよ。お母さん、ありがとう・・

IMG_0001_30_20110903205623.jpg
お墓の帰り、
強風の中、アオサギが舞っています。
その力強さ、凛とした母に似て…
スポンサーサイト
[ 2011/09/03 22:20 ] 日常 | TB(0) | CM(6)

お母様のご冥福を心からお祈りいたします☆
忘れないでいること・・・これが一番の供養だと聞きました
親孝行、したい時には親はなし
昔、よく母に言われた言葉が身に沁みます
私も、遠く離れてしまったので、心配ばかりかけて
かなり親不孝な娘でした(汗)
親からの愛を息子にバトンタッチして・・・
罪を償おうと思っています^^;
母の愛は海よりも深く山よりも高いと言うけど
自分が母になってみて、いやいや、宇宙まで届くんだ!
と実感しています(笑)

あ、私は白味噌が好きですが
旦那は赤味噌が好きなので・・・
家で使うのは赤が多いです
時々、ミックス買っちゃいますが(笑)
私、カナダへ来てもうすぐ21年になるので
日本での記録は21年前でSTOP しています
だから、古い記憶しか残ってなくて・・・
年齢バレバレだと思いつつ、ご存知だってことは
同じ世代なのでしょうか???(笑)
[ 2011/09/04 03:18 ] [ 編集 ]

おはようございます

ありがとうございます。お墓参りをしても頼むことが多くて・・・。まあ、天国から見守る、そんな母でしたから・・・。いくつになっても母は母ということですね。
こちらは中京圏なので、八丁味噌、つまり、赤味噌です。女房は関東出身で白みそが基本、今は、赤かミックスです。ご主人はカナダの方ですね。お味噌をおめしあがるんですね。味噌ソースは国際的なんですね。
21年のカナダ生活ですか。カナダの生活に慣れ親しみ、それでも、時々日本を懐かしみ・・という感じでしょうね。私めは古き良き昭和の時代をよく知っている年代です。だから、ず~と年上で~す。
ブログの世界では、若干、若ぶってます。(笑)
[ 2011/09/04 08:06 ] [ 編集 ]

おはようございます。

ツユクサは 控え目でひっそり足元で咲き続け
でも そのお花は美しく輝いています。
ツユクサにしずくが そっと寄り添っている姿などを見ると
愛おしいですよね。

ワレモコウの歌詞 心にジ~ンと響きますよね。
ゆめはなも 早くに他界した母を思い出します。

こちらの ワレモコウの歌に似た
ヨイトマケの唄も聴いては涙がでそうです。
いろんな方が歌われていますが
私は 桑田さんの歌い方が 好きです。

母の愛は無限ですよね。
昨日は ヒロさんのおかあさまのご命日
ヒロさんが おかあさまを想いしのばれ
とても 喜んでいらっしゃることと思います。

強風の中のアオサギさんは おかあさまのお姿で
ヒロさんへの 感謝のお気持ちと 生きる姿をきっと 教えてくださっているのでしょうね。
なんだか 今コメントを入れさせていただきながら
涙が出てきてしまいました。

ヒロさん これからも 元気で
私たちも 頑張りましょうね^^

なんだか 上手く書けなくてすみません。
[ 2011/09/04 10:05 ] [ 編集 ]

おはようございます

おはようございます ゆめはなさん。
心あるコメントありがとうございます。ヨイトマケの唄、母親讃歌の歌ですね。
最初に聞いたのは、やはり、三輪明宏ですね。いまは、米良美一も歌ってますね。桑田佳祐のヨイトマケの唄ですか。残念ながら、私めは聞いた記憶が…ないです。やはり、ゆめはなさんは若いですね。
自分のことより家族のことを心配していた母ですから、元気でいることが、供養と思っています。ちなみに、父は92歳、今でも元気で、一人で岐阜や名古屋へ出かけます。
元気で動けることが一番ですね。お互い元気で、写真、頑張りましょう!
[ 2011/09/04 10:32 ] [ 編集 ]

吾亦紅

一瞬、「吾亦紅」の花を、探しちゃいました^^;すぎもとまさとの歌の方ね~♪なるほど、ピッタリですね。

亡き母の思い出、清楚さ可憐さをツユクサに例え、生命力、活力を、アオサギに見る。いつまで経っても、男は子供、母を慕う心が、何処かに残っているのですね。意外に女は、アッケラカン^^なのです。

話し、外れますが、強風の中をアオサギが飛ぶ。風にも負けず・・・・^^これは、風に負けない訳じゃ無く、鳥には風が見えるのです。いえ、これは某釣り船の船長が話してくれたこと。そして、ボクもそう思う。風が見えるからこそ、トンビは風に乗れるし、小さな鳥が風に飛ばされる事もない。カモメは船が起こす風に乗り、何処までも付いてきます。そんな鳥たちの強かさが好きです。ああ、ちょっと本題から外れすぎましたね^^ゴメンなさい^^;
[ 2011/09/04 11:18 ] [ 編集 ]

吾亦紅

今日は朝から大雨、一日雨の予定です。やることなく、近くの本屋で立ち読み、勿論、写真関係の雑誌・・、流し撮りのコツとか、いろいろありました。この本屋は椅子が用意してあって、座り読みOKなんです。とりあえず、人を集めないと・・・という方針なのでしょうか。まあ、退屈な一日になりそうです。其方は…?
吾亦紅・・・暗紅色の団子花ですね。もうちょっといい表現して・・と吾亦紅に言われそうです。女々しい話で、ちょっと恥ずかしくなり、早く次のブログを・・・ということで、名古屋版に更新しました。
鳥は風が見える・・・納得です。
ヒマラヤ山脈越えのクロヅルを思い出しますね。風を見て、風を感じて、さすが、ヒマラヤ山脈越えは風を読むだけでは・・・風を受ける先頭は順次交代してとか苦労して・・・
万が一、僕にそんな能力があったとして、パラグライダーは御免で~す。
[ 2011/09/04 13:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirochie1027.blog60.fc2.com/tb.php/112-f4eadf20

















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村