PageTop

日本一の水車とササユリ

日本一の水車とササユリ

明智を最後に帰る途中
串原の「ササユリの里」と山岡にある「日本一の水車」に立ち寄りました。
IMG_0001_39_20120621194103.jpg 

IMG_0001_40_20120621194102.jpg 

IMG_0001_41_20120621194102.jpg 
可憐なササユリです。
ここのササユリは少しピンクが強くて大きいですね。

山岡の道の駅
ここは「おばあちゃん市・山岡」と呼ばれます。
名前の通り、
いまだお若いおばあちゃん方が
多く働いて見えます。
ここの手作り弁当は、安くて、美味しくて、
人気のお弁当です。
さて、そこにある日本一の水車は・・・
IMG_0001_42_20120621194501.jpg 

IMG_0001_45_20120621194459.jpg 

IMG_0001_44_20120621194459.jpg 

こんな感じの巨大水車です。

この辺りには
日本一の茶壺とか狛犬とか・・・やたら、日本一が目立ちますね。
日本一が好きなんでしょうね。
スポンサーサイト
[ 2012/06/21 19:56 ] 風景 | TB(0) | CM(6)

こんばんは~^^
ユリの写真いいですね!!
水車もキリトリがうまくてお見事です。
やっぱり 基礎をしっかりと勉強されている
ヒロさんの写真は素晴らしいです。
それに いつもお仲間さんたちの交流で
ますます写真の面白さなどを知り
技術も向上していかれるのですね。
ヒロさんの写真もキリトリなどがうまくて
とても面白いと思います。

二枚目の写真すごいです。
最後の風車もいいな~!!
お花を一眼レフで真面目に撮りたいです。
ヒロさんのところにおじゃまする度思うのです。
[ 2012/06/22 00:13 ] [ 編集 ]

ゆめはなさん おはようございます。
最近は、大まかに撮って、後でトリミで調整というパターンが多いですね。
本当は、撮るときに決めよといわれますね。
手軽に撮れて、手軽に修正できるところがデジカメの良さと割り切っています。
(それでも、上手くなるには、撮るときに決める癖を付けなくては駄目だそうです。)
上達の具合は自分ではわかりませんが、
多くの写真を見ること、
人とは違った角度で被写体を見ること
全体を見て、気に入った部分を見つけること
構図は理論に惑わされず好きなように・・・いわゆる「守破離」です。
こんなことを気を付けています。
僕の師匠の教えです。
ちょっと出て撮りたいですが、警報が出てましたからね。
今日は自粛です。
[ 2012/06/22 10:00 ] [ 編集 ]

ゆりの季節ですかね?
綺麗に咲いていますね^^
日本一の水車らしく、迫力満点の水車ですね!
山岡の道の駅は、おばあちゃん市と呼ばれているのですね(^-^)
皆さんが作るお弁当。懐かしい雰囲気がするお弁当を想像しています。
きっと美味しいことでしょうね~
皆さんが、いつまでも元気で働ける場所があるって素敵ですね。
[ 2012/06/22 13:14 ] [ 編集 ]

kaboとakiさん こんばんは
ユリの季節ですね。
しかも、里山の路傍に咲くササユリ、
風に吹かれて揺らいでいるさまはかわいらしいというか、何か寂しげですね。
開発で群生地が減ってきたためでしょうか。
野生種は大切にしたいですね。(雑草はダメですが・・・)
おばあちゃん市、有名ですよ。
そのあたりで生活していた時には、よくいただきました。
家庭の味そのものです。
[ 2012/06/22 21:29 ] [ 編集 ]

貴方のお仕事は?

おはよう御座います。
ササユリ、良い感じに撮れていますね。色も良いです。ただ、バックにあるツツジ?が、ちょっとうるさかったでしょうか?どうしても、カラー的に前に出てきてしまう。もっとぼかすか、いっそバックから省いた構図の方が、ササユリを強調出来たかも・・・・・なんて、素人の独り言です^^;気にしないで下さい。

日本一の水車、大きいですね^^;こんな大きな水車、何に使っているのでしょうか?口径の大きな水車は、低速回転でトルクが大きい力持ち。さてさてお仕事は?
[ 2012/06/23 10:03 ] [ 編集 ]

琴ちゃんへ
山岡の水車ねぇ~・・ポンプで水をくみ上げ、それを水車に落として回っているそうですからね・・・結局のお仕事は、人集めですかね。
この水車とおばあちゃんのお弁当を目当てに来る人は結構多いそうですから。
この辺りは陶器や煉瓦づくりで有名なところ、陶土を砕くのに水車を利用したので、その象徴として作ったのではと言う人もいますが、定かではありません。

ササユリ、本当は可憐な地味な花なんですけどね。人が手を入れ過ぎたのか、ちょっと大き目でピンクも濃く、野生の可憐さがチョットないような・・・昔のササユリが懐かしいですね。
[ 2012/06/23 20:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirochie1027.blog60.fc2.com/tb.php/296-68d64f7a

















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村