PageTop

吊るし柿

日光寺の「あまんぼう」

車がないと不便のようですが、
家庭菜園の収穫
カメラの手入れ
鮎道具の手入れ
いろいろあって、先ずは充実した土日でした。
車が戻ってくるのは水曜日あたりでしょうか。

今年のダイコンの出来具合は優・・・
キャベツ・白菜も順調・・・
ブロッコリーはまだまだですね。

下仁田産のDNAを受け継ぐ下仁田ネギは今年で3年目
プランタに種を蒔き数百本の苗ができました。
来年用です。
今年の下仁田ネギはひと霜が降り
熱を加えるとトロリとして、甘い下仁田ネギになっています。
そのまま焼いて、一皮むいて食べるのがいいですね。甘いフルーツです。
まさにワイルドだぜぇ~です・・・

ワイルドな下仁田ネギの丸焼き写真を・・と思ったのは、食べた後でした。
次回、載せたいと思います。

そんなことで、ちょっと前の吊るし柿写真を載せます。
IMG_0001_1_20121203183343.jpg 
滋賀県日光寺地区に伝わる吊るし柿風景です。
日光寺地区では、吊るし柿を「あまんぼう」と言います。
IMG_0001_4_20121203183342.jpg 
ウ~ン、手前のちょっと黒いの・・・食べごろでしょうか。

 柿屋は、風通しの良い南向きに作られます。
今は地区の集会場の前に作られています。
干し柿作りの大敵であるかびが付かないよう初冬の風と日差しで一気に乾燥させます。

2週間ほどつるしたあと、実をもんで水分を飛ばし、さらに天日に干し、
12月上旬に、柿が飴色になった頃取り入れ、
今度はわらで作ったこもをかけ、
でんぷん質の白い粉をふかせ完成させます。

この地域では、
戦前までは干し柿をつくり行商などで
長浜市など県内に広く販売していましたが、
戦後途絶えていました。
平成8年から地域振興のため地元の有志により復活され、
毎年晩秋の風物詩として新聞などでも紹介されています。

あまんぼうは、市内の道の駅やイベント会場などで販売されています。

行ったのは、11月中旬です。
IMG_0001_20121203183344.jpg 

IMG_0001_2_20121203183343.jpg 

IMG_0001_3_20121203183342.jpg 

IMG_0001_5_20121203183342.jpg

そういえば、伊自良の吊るし柿、
撮影をお願いはしましたが、いまだ撮りに行けず、
12月4日には取り入れるということなので、今年は無理ですね。
ちなみに、自宅の蜂屋柿はいい感じになっています。
秋は美味しいものが多く、
運動しながら、食べまくる、そんな毎日となっています。(⌒-⌒)ニコニコ...











スポンサーサイト
[ 2012/12/03 19:28 ] 風景 | TB(0) | CM(12)

こんにちは^^
美味しそうなつるし柿~見事な風景ですね~♪
食べごろの干し柿を ひとつ戴きたいです~(笑)
[ 2012/12/04 13:59 ] [ 編集 ]

干し柿

ヒロさん、こんばんは^^

ご無沙汰しています。

ヒロさんは、多くの種類の野菜を種から
上手に育てておられ野ですね
凄いですね!!

野菜は、手をかければかける程
良い具合に育ってくれるので
収穫する時が楽しみですネ!!

日光寺の「あまんぼう」
爺やの勉強不足の為か
初めて聞きましたが、
伊自良地区と同じ様な干し柿の
産地みたいですね!

勉強になりました!!



[ 2012/12/04 17:15 ] [ 編集 ]

こんばんは。
干し柿のことをあまんぼうと言うんですね。
ほんとに甘そう!
蜂屋柿という名も懐かしいです。 確か渋柿の大きな柿ですね。
子供のころ、親に皮むきをさせられて覚えています。
皮は干して沢庵漬けに使いました。(年がバレる。^^)
今は実家では家の建て直しのために切ってしまい、ありません。

私も下仁田ネギ作っています。 
今年は蒔くのを忘れました。(今たくさんあるからです。)
霜が降りれば、甘く食べられますか?
甘~いスイーツ食べてみます。
[ 2012/12/04 20:43 ] [ 編集 ]

ヒロさんは、家庭菜園をされているのですか。
素晴らしいですね。
そうそう、下仁田ネギは美味しいですよね。
こちらでも、高級品です。

つるし柿、見事ですね。
「あまんぼう」というのですか。
つるし柿は手間が掛かって大変そうですが、
だからこそ、美味しいのでしょうね!
[ 2012/12/04 20:46 ] [ 編集 ]

こんにちは。

素敵な色ですね。
そして柿好きには堪らない光景ですね。
私は専ら見るだけで、
殆んど口にすることはありませんが、
義父や義母などが美味しそうに口にするのを見ていると、
ちょっと嬉しい気分になったり。。
「あまんぼう」って言うのですね。
こちらでは枯露柿って呼ぶ他は聞いたことありませんでした。
呼び名も言いえて妙ですね。
by aki
[ 2012/12/05 12:41 ] [ 編集 ]

沙羅朋さん こんばんは
ご返事遅れまして申し訳ないです。
本当においしそうですね。ポチャとして甘いのでしょうね。
皮むきからあまんぼうの完成まで、
時間と人手が随分かかっています。
どのような仕上がりなのか・・
ちょうど、今頃、道の駅だ販売されているのでしょうか。
食べてみたいですが、家で作った干し柿もいっぱいあり…

[ 2012/12/05 18:25 ] [ 編集 ]

花咲爺やさん こんばんは 元気でお過ごしでしょうか。
8日は、岐阜池の上の禊ぎ祭りが行われます。
サークルの後、出かけてみようかなと考えています。
日光寺地区のあまんぼうの柿屋は一か所だけです。
しかも、地域の方が協力して作っています。
伊自良は個人の農家が作っていますね。
この前、朝日新聞に、伊自良の写真が載っていましたが、写真の農家、僕が、撮影をお願いした農家でした。
結局行けずじまいでしたが・・。

今年の家庭菜園は、今の所、優良といったところです。
仲間の菜園も、良いですよ。
一霜も降って、野菜が甘くなっています。
[ 2012/12/05 18:34 ] [ 編集 ]

すべりひゆさん こんばんは
当地には堂上蜂屋柿という極品ものがあって、
1個、1000円ほどするものもあります。
ちょっと硬めで、裂いて食します。
抹茶にぴったりで茶道のお菓子としても使われます。
渋の入った柿の皮は、ちょっと乾すと甘くなり、
この辺りでは、今でも漬物に入れますよ。

下仁田ネギは熱を通すと甘くなるんですよね。
4年前、下仁田の馬山で作られた下仁田ネギをいただき、その時採った種を引き継ぎ、今年で3年目になります。
心なしか、この辺りで売っている下仁田ネギの種から育てたものより、甘い感じがします。
さすが、下仁田産のDNAを引き継いだものは違うと勝手に思い込んでいます。(笑)
[ 2012/12/05 18:50 ] [ 編集 ]

梅サクラさん こんばんは
12月ですね。急に寒くなり、近くの山も白くなっています。
霜が降り、菜園の野菜は、糖分を蓄え、寒さと戦っていますね。
ダイコンは最高のでき、下仁田ネギも、熱を通すと、すごく甘くなっています。
焼いて、皮をむいて食べると美味しいですよ。
群馬の下仁田の方に食べ方を教えてもらいました。
地元の方は、商品にならない下仁田ネギは、
たき火をし、土を付けたままの下仁田ネギをそのまま焼いて、
皮をむいて食べるんだそうですよ。
ワイルドですね。(笑)
米原ではあまんぼうというようですね。
このあたりでは、普通に干し柿と言います。
この干し柿を入れた柿羊羹は大垣名物の一つです。
[ 2012/12/05 18:59 ] [ 編集 ]

akiさん こんばんは
ぽてっとして、本当においしそうですね。
それでも、まだまだ仕上げまでは時間をかけるようですよ。

「あまんぼう」は滋賀県の米原方面での呼び方みたいですね。
この辺りでは、普通に干し柿と言います。

枯露柿ですか。「ころがき」と呼んでいいのでしょうか。
甘露が一杯の干し柿のようですね。
南信では市田柿という有名な干し柿がありますね。
当方で有名な干し柿は堂上蜂屋柿
献上ものということで、1個、1000円近くして、
未だ、本物の堂上蜂屋柿は食べたことはありません。(笑)

[ 2012/12/05 19:46 ] [ 編集 ]

こんにちは~^^

すみません 最近なんだかバタバタいて
お久しぶりのコメントです~^^

ヒマワリ@@ 嬉しいですね~
夏 恋しい~
あら!また あのヒロさんのヒマワリと可愛い女性たちの
ステキな写真を思いだしています~。

私は果物の中では 柿とスイカが大好きなのです。
もちろん つるしがき~大スキです。
でも高くて そんなに食べれなくて
たま~に 贅沢で食べる・・・ほんの少しですけど

つるしがきだけでも写真とても面白いですよね。
絵になる風景っていうか
私の大好物だし オレンジいろや朱色に輝いてまぶし~。
まぶしすぎます~^^

つるし柿でなくて あまんぼうなのですね。
名前からして 美味しそうで たまりません。
きっと いいお値段の 高級おやつですね。
[ 2012/12/06 10:32 ] [ 編集 ]

ゆめはなさん こんばんは 師走、忙しくなりましたね。
ブログ更新もボチボチ、、訪問も遅れがち、こちらこそ、ごめんなさいです。
前ブロの向日葵、さすが、今朝は萎れてました。
冬型の冷たい風、そして、強い冷え込み、仕方がないですね。

今年は柿の豊作のようですね。
葉は落ちても、いまだ、美味しそうな柿がぶら下がっています。
カラスの餌になりそうです。(笑)
あまんぼうは、滋賀県の米原方面で使用されている名称、
この辺りでは素直に干し柿と言います。
近くの堂上蜂屋柿は超高級干し柿、いまだ、食べたことがありません。
干し柿1つに、1000円近く出すのは、どうも・・って感じです。

ぼちぼちブログで、訪問も遅れがちですが、こちらこそ、よろしくね。
[ 2012/12/06 19:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirochie1027.blog60.fc2.com/tb.php/379-e40d3947

















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村