PageTop

叱られた~

叱られた~

安曇野の道中、
仲間のFさんから、本日、樽見の十一日祭りが執り行われると聞いて行ってきました。
午後からは、所要があり、午前中だけということで・・・

9時半、樽見の白山神社に着き、
地元の方に、段取りを聞くと、10時半からスタートとのこと・・・IMG_0001_12_20130220173711.jpg  
山信仰の農耕神事として伝承され、
前日には神箸作り、田楽作り、的射用の矢・弓の的作り、
当日は神前の儀、直会、的射、禊(みそぎ)の儀、
サイコロ占いの神事が行われています。

IMG_0001_20130220173913.jpg 
着いたとき、阿弥陀経が唱えられていました。
ここは、白山神社、おかしくありませんか?
と聞くと、大日如来をお祭りしているとか・・
日本の国はどの宗教も拒まず、おおらかなんですね。
ただ、仏教にしめ縄(?)がちょっと不自然な感じも・・・

IMG_0001_2_20130220173924.jpg 
10時半、禊ぎが始まります。
IMG_0001_3_20130220173931.jpg  IMG_0001_4_20130220175534.jpg
かなり深いですね。ちょっと流され気味です。
IMG_0001_5_20130220175733.jpg 
無事終わって、ほっと・・・
IMG_0001_6_20130220175740.jpg   IMG_0001_7_20130220175746.jpg
根尾小の子どもたちも参観・・・この犬はモンキードッグです。
IMG_0001_8_20130220175750.jpg 

IMG_0001_9_20130220175755.jpg 
残念ながら、午後の用があり、ここで時間終了
これからがクライマックスの射的の行事・・・残念です。

今日は、ちょっと反省です。
多くのカメラマンが写真を撮っていました。あちら、こちらと・・・
↓の写真、上から撮るといいかも・・・とひらめき、
右手の山に登り、上から撮っていた。もちろん一人・・・
そのとき、祭事を執り行っている方から、
社殿の上から撮るなと叱られてしまった。
IMG_0001_13_20130220181238.jpg 
上から撮ってはいけないということを知らなかったとはいえ・・・申し訳ない・・・
その場で、すみませんでしたと謝罪しましたが、
お許しを得ることができたでしょうか。





スポンサーサイト
[ 2013/02/20 18:23 ] | TB(0) | CM(10)

祭事は撮るのに注意が必要!です~ね。。。

この手の撮影は、総代さんなりに事前に撮影許可の了解をいただくとかね。。。

逆に、私がこの時の役員だったら、カメラマンが撮っている事はわかって居るのだから、その旨事前にカメラマンに伝えるがなぁ~。。「上から撮るな!」的な発言は、心外と思いますよ。。。

私は、めったやたらと些細な事でも役員さんに伺いを発てて撮っては居ますが・・・。
[ 2013/02/20 22:42 ] [ 編集 ]

こんばんは~^^

このような写真を撮られるときは注意をしなくてはいけないのですね。
日本の文化 しきたり そのようなものが入ると難しいですよね。
でも ヒロさんですもん
きちんとされておいでですから大丈夫です。

ヒロさん やはり人物の表情を撮られるのうまいです。
会話や笑い声 聞こえてきそうです。
その場にいる錯覚まで覚えてしまう私です。
雰囲気とらえていますね。
素晴らしいです。
[ 2013/02/21 00:04 ] [ 編集 ]

こんな事が有るから、ボクは祭りとか行事物は苦手です。
何処を撮って良いのか、どこから撮って良いのか、難しいですね。
それは、あの、伊那谷の大鹿歌舞伎の時、せっかくのチャンスなのに撮れなかった、だから、いつもヒロさんの祭りの写真、凄いと思っていました。そんなヒロさんでも、失敗が有るのですね(^^;)

ボクは前に、乗馬と弓道をしていて、何回か流鏑馬に出させて頂きました。ある時、カメラマンが、走っていく馬の目の前でストロボを使ってしまった。馬は棒立ちになるし、弓をすててしがみつかねば成らなかったし、主催者側からは、絶対に馬に向けてストロボを使わないように念を押していたのに・・・・・。そんな記憶が有るから、ボクは祭りや催しはどうも苦手です。

そんな訳で、撮影の仕方、交渉術有りましたら、教えて下さい。やはり祭りの写真とか、撮りたいですからね~♪
[ 2013/02/21 11:01 ] [ 編集 ]

とみちゃん こんにちは
これまで、このような撮影で、叱られたことはなかった。
このようなことがあると、撮影意欲もなえるものですね。(笑)

撮影は本巣市の根尾というところ・・
実は本巣市観光協会は、このようなイベントを宣伝し、フォトコンテストも行っています。
そのようなことから、地元の人たちも協力的、基本的には自由にどうぞなんです。
それでも、地域の方には、伝統的な神事がカメラマンによって、邪魔されたくないという思いもあり、
その琴線に触れてしまったようです。

とみちゃんのおっしゃる通り、事前に係の方とコミュニケーションをはかるべきでした。
反省、反省!! (-人-)
[ 2013/02/21 12:52 ] [ 編集 ]

ゆめはなさん こんにちは
確かに、日本の宗教的なしきたりは知らないことが多いですね。
社殿の上から撮ってはいけない、神を上から見下ろして、写真を撮るとは…拝むのであれば許されたのかも・・どちらにしても、ちょっと、ションボリですね。( ̄▽ ̄;)!!
お祭は、多少、図々しくないと、良い所が撮れないのも現実でして…
これからは、地元の人に尋ねながら、ちょっと図々しくが大切ですね、(笑)
会話や笑い声 聞こえてきそうです・・・そうですか、そう言っていただけると嬉しいですね。
これからもがんばります。
それから、上から撮った写真、思った通り、良い写真でした。
でも、こういうことがあったので、ボツにしました。残念ですが…。
[ 2013/02/21 13:04 ] [ 編集 ]

琴ちゃん こんにちは  伊那の大鹿歌舞伎、有名な地歌舞伎ですよね。
僕も10年前、東野というところで、地歌舞伎に出演したことがあります。
ちょっといい場面では、「いよ、大統領・・」なんて声が飛び交ったり、台詞を間違えると「どうした!どうした!」と囃し立てられたり、見得を切った時には、「おひねり」が舞台にバシャバシャと・・・懐かしく思い出します。そんな時、名古屋から、5人ほどのカメラマンが見えまして、顔をつくっている時とか、舞台を待つ前に、たばこを吸ってリラックスしている人を、撮っていました。その後、その方から、何枚か、写真を送っていただき、嬉しかった思いがあります。ただし、その写真はまさにちんどん屋さん(ノ゚ο゚)ノ)
撮る側、撮られる側、こういう関係でありたいと思いますね。
コツは、早めに出かけ、地元の人から情報を得ることかな。
いいポジションを教えてもらえるし、仲良くなれば、個人的に撮らせていただくこともあります。
それと、周りに迷惑かけない程度にちょっと図々しく、カメラは、連射が効く7Dということでしょうか。
[ 2013/02/21 13:37 ] [ 編集 ]

観光協会からのお墨付きも有るなら、私はどうも納得が行きませんね!

フォトコンが有るのなら当然カメラマンは群がるのは分かってる事なので、主催者の手落ちですね。これは。。。

ヒロさんの様な仕打ち(笑い)に私が有ったら黙って居ませんよぉ~。。。祭りの撮影が好きでシャッターを切っているのに・・・もう~!!

繰り返しますが、撮影禁止の場所を設けロープなどを設置すべきだと考えますね!それを怠った主催者の手落ちですね。この場合は
ヒロさんに対する物言いは、「撮影中・・大変申し訳ありませんが、その位置での撮影はご遠慮いただきたいのですが・・・」が正しいと思います。

今後この様な事の無いように、是非とも主催者と観光協会にその旨伝えたほうが良いと思います。。。

神社の総代などの役員を経験した者として、又一般常識からして、
ヒロさんに落ち度は全くありませんね(^0^)/~
[ 2013/02/21 19:39 ] [ 編集 ]

とみちゃん こんばんは
観光協会のPRもあり、当日は、20人余りのカメラマンが押し寄せました。
地域は純朴な方ばかりで、祭りの終わりには、お昼には、食べ物のおすそ分けもいただけます。まさか、そこで撮るかと言う感じだったのかもしれませんね。

物言いは、ちょっと強めの言葉、カチンときたというより、お~ここはダメか、ごめん、ごめん・・と言った感じです。
でも、その後は、ちょっと、撮る気持ちもなえ、時間も来て帰りました。

観光協会の方に、ちょっと言っておいた方がいい・・・そうですね、観光協会の近くにある道の駅によくいきますから、一度、言っておきます。
いろいろ、ありがとうございました。
[ 2013/02/21 22:12 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/22 13:07 ] [ 編集 ]

鍵コメさんへ
いろいろ、ありがとうございました。
気持ちを新たに頑張ります。
[ 2013/02/23 18:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirochie1027.blog60.fc2.com/tb.php/404-cd637ecb

















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村