PageTop

鵜飼始まる

おもしろうてやがてかなしき鵜舟かな



長良川の鵜飼いが始まりました。
IMG_0001_20130524173957.jpg  IMG_0001_2_20130524174002.jpg
全国的には有名なんですが、鵜舟に乗って鵜飼見物という地元民は意外に少ないんです。
IMG_0001_2_20130524174002.jpg 
弁当付きで、随分お値打ちなプランもあるようですが、
橋の上からみえるんで、舟に乗らんでも…なんて言うことです。

私めも、鵜舟に乗って、鵜飼を観たのは、一回のみ・・しかも、ここ10年程前の話・・。
川風にゆられ、長良川音頭?に合わせた踊りを見ながら、鵜飼が始まるのを待つ・・
暗くなると、ホテルの明かりが消え、漆黒の闇夜が演出されます。
(月明かりはどうしょうもないですね)

IMG_0001_4_20130524174008.jpg 
岐阜城を頂に、金華山が月明かりで浮かび上がり、
篝火をともした鵜舟が下ってきます。
小さな点であった篝火が、だんだん大きくなり、
やがて、川面を真っ赤に染めた篝火の火の粉をあびて、
逃げ惑う鮎を鵜がとらえます。

「ホウホウ」とかけ声をかける鵜匠と鵜、そして船頭、まさに、三位一体ですね。
IMG_0001_3_20130524174005.jpg 

最後に6隻の鵜舟が横隊になり、浅瀬に鮎を追い込み、巻き狩りをします。
「総がかり」と呼ばれるこの漁法で鵜飼は終わりを迎えます。

おもしろうてやがてかなしき鵜舟かな
スポンサーサイト
[ 2013/05/24 17:49 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirochie1027.blog60.fc2.com/tb.php/445-0d2acdd1

















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村