PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

龍神様

夜叉が池・・・龍神 様

岐阜県と福井県、標高1,099 mの稜線直下北西側に位置する夜叉が池・・
周囲は原生林におおわれている。
窪地に雨水や周辺の山からの伏流水が溜まり、夜叉が池となる。
名前の通り、夜叉が棲むという伝説の池・・ 


IMG_0001_1_2014080310571387a.jpg

817年(弘仁8年)、この年の美濃国平野庄(現岐阜県安八郡神戸町)は大かんばつに見舞われ、あらゆる作物は枯れる寸前であった。ある日、郡司の安八太夫安次は、草むらの中に小さな蛇を見つけ、ため息まじりで、「もしそなたが雨を降らせるのなら、私の大切な娘を与えよう。」と語った。
するとその夜、安次の夢枕に昼間の小蛇が現れ、「私は揖斐川上流に住む龍神だ。その願いをかなえよう。」と語った。すると、たちまちのうちに雨雲がかかって大雨が降り、作物は生き返り村は救われた。

翌日、約束どおり娘をもらう為、小蛇( = 龍神)は若者の姿に変えて安次の前に現れた。安次には3人の娘がいたのだが、安次が娘たちに事情を話すと、一番心がやさしい次女(三女の説もある)が、「村人を救っていただいたからには、喜んでいきます。」と答えた。驚いた安次は、「何か必要な物はないのか。」と問うと、娘は、「今、織りかけの麻布がありますから、これを嫁入り道具にいたします。」と答えた。

こうして娘は龍神の元へ嫁ぐことになり、麻布で身をまとい、若者( = 龍神)と共に揖斐川の上流へ向かっていった。

数日後、心配した安次は、娘に会う為に揖斐川上流へ向かった。やがて、揖斐川上流のさらに山奥の池に龍神が住むという話を聞き、その池にたどり着いた。安次は池に向かい、「我が娘よ、今一度父に姿を見せておくれ。」と叫んだ。すると、静かだった池の水面が波立ち、巨大な龍が現れた。龍は、「父上、これがあなたの娘の姿です。もうこの姿になったには人の前に現れる事はできません。」と告げ、池の中に消えていった。

安次は龍となった娘を祀る為に、池のほとりと自宅に、龍神を祀る祠を建てた。
この娘の名を“夜叉”といい、池の名を娘の名より“夜叉ヶ池”と名づけたという(娘の名は不明で、後から池の名から“夜叉”とおくられたとの説もある)。

初めて見た龍神祭・・・感動!感動!

スポンサーサイト
[ 2014/08/03 10:53 ] | TB(0) | CM(4)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/08/04 09:28 ] [ 編集 ]

祭りの伝承

雰囲気は、良いですね。
いつもながら、祭りの雰囲気、そして空気感、素敵ですね。

「夜叉」、怖そうな名前ですが、夜叉とは、水を司る神であり、仏法そして北方を守る神でも有るとか。これは山梨県南アルプス市芦安の集落で聞いた話。この芦安の集落の先に「夜叉神峠」という峠が有ります。「怖そうな名の峠ですね」という話しをしたら、上記の話しをしてくれました。因みに、寺の山門に立つ「金剛力士像」は、夜叉の神が変化した物らしいですよ~♪(^∀^)

なんて、ちょっと知ったかぶり~♪
[ 2014/08/04 10:19 ] [ 編集 ]

鍵こめRさんへ

こんばんは
作品展が終わり、ほっとしているところです。
鵜飼、夜叉が池伝説祭は行くことができましたが、
梅花藻のライトアップは、行くことができませんでした・・・残念・・・
下の写真は、神戸(ごうど)町の夜叉姫の生まれた夜叉堂での舞いの最後の決めのポーズです。
「夜叉姫、木陰で休む」なんてどうでしょうか(笑)
そこから、夜叉が池のある坂内まで、3か所ほど、同じような舞が行われます。
上の写真は、坂内での夜叉が池伝説の歌劇の一部分、
すごい人で、車を止めることもできないほどでした。
写真は、図々しく、知り合いがいたので、真正面で撮ることができ、ラッキーでしたよ。
最後は、暗闇の中に夜叉姫が現れ、ドライアイスの煙の中、スポットで姫を照らす。
感動ものですね。
一般的に夜叉は鬼のような悪いイメージがあるようですが、調べてみるとそうでもないようです。

[ 2014/08/04 19:57 ] [ 編集 ]

夜叉ですね~~

こんばんは
相も変わらず、ボチボチとイベント写真を撮ってます。
夜叉が池伝説祭は、初めてということもあるのか、感動もんですね。例によって、揖斐川の上流、坂内に伝わる伝説です。
揖斐川源流付近には、そんな伝説やひなびたお祭りが今でも伝承されているんですよ。
さて、夜叉ですが、調べたところ、山梨県南アルプス市芦安の集落での話の通り、「水を崇拝する(yasy-)」といわれたので、yaksya と名づけられたという語源説もあるそうです。
おそらく、ここの夜叉姫は、そんなところから、のちに名づけられたと思われます。
夜叉は怖いイメージがあるんですが、人に恩恵を与える、そんな一面もあるようです。
もちろん、今の夜叉姫は、純朴な地元の大学生だそうです。小中学校、合わせて、10人ほどの子どもたちですから、この先、夜叉姫の継承も大変だろうななんて心配したりして・・





バラモン教の精舎の前門には一対の夜叉像を置き、こ現在の金剛力士像はその名残であるともいう。
[ 2014/08/04 20:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirochie1027.blog60.fc2.com/tb.php/558-c882c0b1

















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。