PageTop

米原駅

SL北びわこ号を米原駅で撮る


樽見の十一日祭、そして、SL北びわこ号・・・
どちらにしようか迷ったけれど、
朝から雨が降っていたこともあって、米原駅でSLを撮ることにした。
米原発は10:09と13:16・・米原から木之本、
およそ40分の汽車の旅・・予約で満杯の人気だ。
9:20、米原駅に着くと、子ども連れ、撮り鉄ちゃん、
構内には多くの人が、SLを待っていた。
僕は鉄ちゃんではありませんが、たまには、SLや新幹線を撮ってます。
とにかく、撮り鉄の皆さんはすごい、
知らない単語(なにかの略語らしい)を使い、情報交換をしている。

しかし、ここでSLを撮るのは3回目、
秘密の撮影ポイントは空いている。
入線直前のSL北びわこ号を正面から撮ることができる知られてない場所なのだ。

雨でぬれたレールが光った。
本当は、もう少し、正面に来た時が良いだけど・・
残念ながら、その時は、閃光は少なく・・・
タイミングは難しいですね。
IMG_0001_15_20150301191332ceb.jpg
正面から撮った後は、
入線するSLの動きを先取りするように急ぐ。
機関車部分は、多くの人が囲み、写真どころではない状態だ。
人のスキマから撮ったけれど、
焚口戸が開かれ、石炭を入れる瞬間は、
残念ながら、人におされて、大ブレ・・
IMG_0001_17_20150301193126dab.jpg
この方が、臨場感があっていいかもと自分を慰め…あ~ぁ
 

 
IMG_0001_14_20150301191330ffb.jpg
雨でぬれた客車部分にカメラマンが写っています。
IMG_0001_16_20150301191401500.jpg 
煙に巻くように北びわこ号は、木之本に向かいました。

さて、今回のSL北びわこ号、いつもとは違っていました。
SLファンならわかるでしょうか。
今回は、C57・・・つまり、「貴婦人」でした・・
そうです・・SLやまぐち号で活躍している機関車です。
これまでのC56・・・「ポニー」もいいんですが・・・
此処での「貴婦人」は超珍しいんです。

それから、もうひとつ・・
IMG_0001_12_20150301191327e8b.jpg
広告用に設置されている車両と思い撮っていたら、動き出しました。
 
IMG_0001_13_20150301191329398.jpg
実は、近江鉄道820系のれっきとした客車です。
一度乗ってみたいけれど、護送車のようで・・・(笑)
スポンサーサイト
[ 2015/03/01 20:10 ] 鉄道 | TB(0) | CM(8)

いい写真が撮りましたね

オレンジの服を着た2人、レ-ルの光、力強く吹き上がる煙
架線、線路、良い雰囲気を醸し出していますね。
煙に覆われたブル-の車両、信号の写りこみの写真も私はすきです。
[ 2015/03/01 21:21 ] [ 編集 ]

わぁ~!ほんとだっ!! 正面ですねぇ~(^o^)/
ブレ写真 残念だったけど 臨場感!! 出てますよ~^^v
煙に覆われたお写真もいい感じですね♪
サクッと一通り見せて頂いて 一番最後のお写真の列車 
色がまるで警察車両のよう…なんて思って
その上のお写真を見直したら やっぱりそうだったんですね(笑)
護送用ですか^^; それは一生乗れない~~(笑)
映り込みのカメラマン すごいですね^^;

[ 2015/03/02 07:38 ] [ 編集 ]

naki-さんへ

こんにちは・・
雨で、十一日祭をやめて、米原駅へ行きましたが、
相も変わらず、人気のSLでした。
雨だったので、反射光が綺麗でした。
どんな天気でも、その特色を活かせば、いいという訳ですね。
それなりに楽しかったですよ。
[ 2015/03/02 12:51 ] [ 編集 ]

りんさんへ

こんにちは・・
ホーム一番西のはずれから撮ってます。
屋根がない場所なんで、
撮る寸前まで、傘をさして、
寸前に傘をたたみ撮るっていうことで、
しっかり濡れました。その分、人は少なく・・・
ねらいは最初から、レールの閃光でした。まずまずの写真が撮れたでしょうか。

近江鉄道の警察広告の車両、別名「パト車両」
近江鉄道でも、この車両は確か1両・・
珍しさもあって、乗りたいマニアも多いとか・・
客車ですが、乗りたくないですよね。(笑)
乗りたくない・・乗りたくない・・・


[ 2015/03/02 13:03 ] [ 編集 ]

今晩は

俺も行こうかなって思いましたが
雨!、、、止めました^^

秘密のポイントですか~
線路に光が当たっていいですね!!
此処で拝見させて頂きます。
[ 2015/03/02 19:33 ] [ 編集 ]

都人さんへ

こんにちは・・
雨でしたね。午前中のSLは小雨でさほど気になりませんでしたが、午後はかなりの雨でした。
おかげで、すっかり濡れてしまって・・・
そのおかげて、周りも暗く閃光もきれいに見えました。

そう言えば、なぎさ公園もいい感じでしたよ。
[ 2015/03/03 12:20 ] [ 編集 ]

蒸気機関車

ボクは、余りSLと言う言葉は好きでない。やはり、此奴は、そんな軽い呼び名じゃなく「蒸気機関車」もしくは「汽車」が良いですね~♪

C57式2C1型蒸気機関車1号機。旅客専用の機関車で、特に1号機は除煙板に菊の御紋章をつけ、お召し列車を引いた栄誉有る機関車ですよね。確か今は山口線を走っている山口号ですよね。山口線では、昭和12年と刻印の入った赤いナンバーを付けて走っていますが、貸し出されると、黒地に金でC571とだけ入ったナンバーを付けているとか、どうでした?

C57は貴婦人と呼ばれていますが、戦後製作された第4期型は、ボイラーが大きくされた為、優雅さが無くなり「山男」と呼ばれていたとか。また、貴婦人の名を広めたのは、ぎりぎり貴婦人と呼ばれたC57180だったそうですね。除煙板の下半分がカットされ、上部が少し長くなった「門鉄デフ」を装着した優雅な形から一躍有名になった車体です。現在は新潟の新津機関区で、月1回、会津若松と郡山の間を2日掛けて往復運転していますよ。

C57180は、積雪地帯仕様だから、前部連結器下にスノーブラウや冬季には集煙機、門鉄デフ(旧門司鉄道管理局仕様デフレクター)などが装備された、マニア向きの車輛なんですよ(^^;)

蒸気機関車は、晴天快晴のうららかなバックより、自然の厳しさが解る雪や雨そして夜がよく似合うと言われています。天気が悪いけど、逆に蒸気機関車の魅力は、十分出ていますね。素敵ですよ~♪

因みに、下の2枚は、蒸気機関車の写真と比べたら、完全におまけ的な感じかな~(^∀^)
[ 2015/03/03 22:44 ] [ 編集 ]

琴ちゃんへ

おぉ~~詳しく説明ありがとうさんです。
こういうことを知ったうえで、カメラを構えると、
これまた、違った感覚で撮ることができそうです。!(^^)!
北びわこ号の基本はC56ですが、リハビリ中は、
C57が使われるとのこと、大変珍しいことだそうです。
マニアックな中学生が、C56は、今~~を修理中、
C57も数日前、~~の調子が悪く、
もしかして、北びわこ号の運行が中止になるんではないか
と心配していたなんて、言ってました。
ちなみに、~~は専門用語で、よくわかりません。
北びわこ号の正面は金でC571とだけ入ったナンバーだけですね。
ただ、写真2枚目にあるように、運転席のサイドには昭和12年川崎車両と書かれたプレートがありますね。
面白いのは、C56に比べて、テンダー(炭水車)が長い、そのため、後ろの通しが悪く、バックは苦手らしい。バック時は、ディーゼルが牽引てました。
これも、近くにいたマニアからの情報ですがね・・。
雪や雨の中、そして、急坂、焚口を真っ赤にして、自らの姿を消すような真っ黒な煙を吐き出しながら走行する様は、SLというより蒸気機関車の表現が適確かも知れないね。

おまけのパト車、乗りたくない、乗りたくない・・・笑
[ 2015/03/04 20:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirochie1027.blog60.fc2.com/tb.php/598-0d7b0bc7

















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村