PageTop

シラサギに出会った

シラサギ 捕食の瞬間

琵琶湖の夕景を撮るために、湖畔を走行していたら、シラサギの大群に出会った

IMG_0001_20150905210306572.jpg

急きょ、近くに止めて、橋の上からシラサギを撮る。
レンズは70‐200mm、それに、エクステンダーEF2×Ⅲをつけて・・・
EF2×ⅢはAFがうまく効かないといわれるが、この組み合わせは、相性がいい。
一台のマイクロバスが止まる。
同じく、夕景を撮りにいく団体さんだ。
この人たちも暫しサギを追う。
いつの間にか、橋の上には30人ほどのカメラマンが・・・
撮り始めて1時間、結局、撮った写真は、900枚越え・・・

捕食の瞬間を・・・・
IMG_0002_20150905210307046.jpg 



IMG_0003_201509052103081a8.jpg
上のトンビより素早く首を突っ込んで・・・
トンビは表面に浮かんだ魚しかわしづかみできないんで、シラサギの方が有利のようだ。

IMG_0001_1_2015090521194132f.jpg  
お見事・・・


 
IMG_0005_20150905210311257.jpg

背景は、木陰の川面・・・そんなことで、背景が黒くなっている。
シラサギの白さを意識して撮ったんだけど、
肝心の魚とトンビは、黒に消されてしまった・・・
魚は大きなウグイのようなんだけど・・・

楽しい1時間だった。
次回は失敗のないようにしよう・・・
夕景はキャンセルでした。
スポンサーサイト
[ 2015/09/05 21:35 ] | TB(0) | CM(2)

コミューン~♪

白鷺はコミューンを形成するって聞いたことが有りますが、目にしたことはありません。凄いですね。

鳶と白鷺のエサの取り合いは、面白いですね。大丈夫、ベタ黒じゃんから、Photoshop の画像調整の中の「シャドー・ハイライト」で、十分カバーリング出来るから(^^;)

でも、鳶は死肉を漁るので、足の爪は真下に向かって開き。足首を後ろに向かって返すことはできるけど、鷹やハヤブサの様なハンティング・ポジション(進行方向に向かって爪を開く)ができないらしいのです。だからこの場合白鷺の方が有利ですね~♪ただし、お互い泳げないから、そのハンディは無いみたいですけどね(^^;)
[ 2015/09/08 22:49 ] [ 編集 ]

琴ちゃん こんばんは
市内のある旧家の大木に、シラサギが集団で住み込み、ふん害で苦情が出て、巣を駆除したところ、多くのヒナが落ちてなくなった。今度は、かわいそうと批判の声・・・地主さんも大弱りということがあった。
写真の場所は、琵琶湖に流れる川の河口付近、そんな心配もなく・・・幼鳥も数多くいて、可愛いもんです。
そうだね・・フォトショップなら、簡単にできそう・・・
ちょっと複雑だけど、トビだけ選択ツールでかこんで、トビだけ明るくする、
そんな手法もいいかもしれんね。
トビとシラサギの餌争い、そういうことか。
ただ、トビは意外にも気が弱いというか、魚を執拗に取り返すことはしないようだ。見ていると面白い。
どうも、シラサギで有名な場所らしいんで、また、行きます。
[ 2015/09/09 22:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirochie1027.blog60.fc2.com/tb.php/649-d24170f5

















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村