PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ある建物

朝から、強めの雨が降っています。
早朝のウォーキングは止めです。
雨具を持ってでも行く・・そんな根性はありません。

二階から、外を見ながら、PCを使ってのお仕事です。
山の重なりが山水画のようで、雨もいいもんですね。
雨脚で、白黒のトーンが、薄くなったり、濃くなったりと・・。

またまた、コーヒータイム。
写真データーの整理でも・・。

そんなこんなで一枚の建物写真を・・。
昨年の秋、出張先で撮った普通のコンデジ写真です。

洋館からの古いガラス越しの和館の瓦と
古いガラスの微妙な歪みが個人的に好きで・・。

IMG_0001_48_20110719142610.jpg

明るさ、コントラスト、強めのレタッチありです。
自分の映り込みを消すためにね。
左隅に映ってるんだけど、見えないよね。
そういうことで、写真評価はちょっとおさえてね。

この建物の名前、わかりますか?

スポンサーサイト
[ 2011/07/20 20:32 ] 風景 | TB(0) | CM(6)

おやおや^^;

そんなこと言われても解らないよ~^^;

何て答えが御希望ですか?

それとも、此処は三重県桑名市桑名663-5です。洋館はジョサイヤ・コンドル、和館を造った頭領は伊藤末次郎って、あっさり答えるのがお望みですか?

もっと詳しく言えば、洋館側2階サンルームの西側の窓から撮った和館の屋根といった方のが良いですか^^;なぜ解るか?だって、この建物で、引き違いのガラス窓は、サンルームしか無いし、和館は洋館に比べ少しセットバックしていますから、西側の窓からしか見えないのです。後、西側の窓があるのは廊下の一番奥「使用人部屋」と言われている小さな部屋だけ。此処は屋根の北川が、望まれます。そう、古い旅行用のトランクが置いてある部屋です。でも、この古いトランク、実は「ルイ・ビトン」のトランクなんですよ^^;

4層の塔、見ましたか?勿論現在立ち入り禁止となっておりますが、あそこに何があるか知っています?あそこには、洋館の天井裏に入るためのドアが3層目に有るのです。そして4層目には、ここの当主の座った安楽椅子が1つ、今も主の帰りを待っていますよ^^ええ、全部見ましたよ。だって、先代の館長さんと大の仲良しで、全部案内して貰いました。

だから、此処は材木商、二代目諸戸清六の住居「六華苑」です^^

でも、此処より水路一つ挟んだ処にある「諸戸邸」の方が、もっと凄いですよ。地元では「御殿」と呼ばれ、年2回公開されています。特に秋の紅葉の時が凄いです。勿論、先の館長さんの紹介で、特別に見せて頂きました^^良いでしょ~♪
[ 2011/07/20 23:17 ] [ 編集 ]

Re: おやおや^^;・・・・愚問でした

ギブアップです。
カウンターパンチを食らった感じです。
ある人が、お初にお目にかかります、と訪問してきてから2か月、
そんなことで…でも愚問でしたね。

これからもどうかよろしく!

[ 2011/07/21 07:30 ] [ 編集 ]

どういたしまして^^

そう、貴方の処へお邪魔して、もう2ヶ月経ちますか?って言うより、まだ2ヶ月なんだって感じかな^^;

最近清楚な御嬢様イメージが、すっかり影を潜め、天真爛漫な小悪魔イメージが定着でしょうか^^;ま、それが地ですから^^今後ともお手柔らかに~♪

処で、ガラス越しの風景が好きですか?六華苑の塔の窓ガラス見ましたか?あそこのガラスは総て建物と同じ曲面(アール)がついています。だから割れると大変らしいです。現在(5年前ですが)倉庫に予備ガラスが17枚残って居るだけで、以降は無しらしいです。年間1~2枚破損するそうで、無くなったらどうするかって館長さん言っておられました。現在のガラスと製造技法が違うから、あの微妙な歪みが出ないらしいです。古い物を残すのも大変らしいですね^^;
[ 2011/07/21 11:07 ] [ 編集 ]

Re: どういたしまして^^

こちらは、またまた、コーヒータイムです。

> そう、貴方の処へお邪魔して、もう2ヶ月経ちますか?って言うより、まだ2ヶ月なんだって感じかな^^
> 最近清楚な御嬢様イメージが、すっかり影を潜め、天真爛漫な小悪魔イメージが定着でしょうか^^;ま、それが地ですから^^今後ともお手柔らかに~♪

こちらこそ・・・。

> 処で、ガラス越しの風景が好きですか?六華苑の塔の窓ガラス見ましたか?あそこのガラスは総て建物と同じ曲面(アール)がついています。だから割れると大変らしいです。現在(5年前ですが)倉庫に予備ガラスが17枚残って居るだけで、以降は無しらしいです。年間1~2枚破損するそうで、無くなったらどうするかって館長さん言っておられました。現在のガラスと製造技法が違うから、あの微妙な歪みが出ないらしいです。古い物を残すのも大変らしいですね^^;

塔のR部分が曲面ガラスで、当時としては珍しいとか、説明を受けた記憶が甦ってきました。
昔の学校の木枠に入ったガラスって、わからないよね。製法が未熟というか、フラットでも、向こうが歪んで見えるんです。風が吹くと、窓枠全体が揺れて、ガラス越からの風景が揺れて・・・。ここもそんな感じでね・・。勿論、窓枠は揺れませんでしたが・・。とにかく、古いガラス窓は大好きです。

今日もお客さんは少ない感じですね。
ありがとうございました。
[ 2011/07/21 11:33 ] [ 編集 ]

お客さん?

お客さんって、入館者のことですか?

アハハ^^お客さんじゃ無いですよ。あくまでも「入館者」もしくは「閲覧者」と呼びますよ。

司書の仕事は、蔵書の整理と管理が主務。それと閲覧者へのアシスト。だから、図書館の中は、同じ大学施設の中でも治外法権的な処が有りますよ。だから、館内で騒いだり、蔵書を粗末に扱ったりすると、図書館の判断で、入館及び閲覧禁止処分も出来ますよ。該当者は、写真入りで入り口前の告知板に張り出されます。ちょっと恥ずかしいですよ^^;

それにつけても、今日は暇です、朝から閲覧者7人だけ。余程行くところのない連中です^^;
[ 2011/07/21 12:49 ] [ 編集 ]

大学の図書館

入館者でした。
大学を卒業しても、大学の雰囲気が感じ取れる仕事はいいね。夏休み・・職員は夏休みではないけれど、それなりにうれしいもんだよね。

行くところがない連中…研究熱心なのか、涼しさ求めてなのか、もしかして、司書さん目的なのかもね。
[ 2011/07/21 14:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirochie1027.blog60.fc2.com/tb.php/83-77461890

















にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 大垣情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。